ホーム

中村のキャラクター(なキャむらくん)

中村のキャラクター(なキャむらくん)

中村中学校・高等学校 公式キャラクター

2013年5月8日に中村在校生の公募によって学園公式キャラクターができました。
たくさんの応募の中決定したキャラクターは「なキャむらくん」です。

中村中学校・高等学校 公式キャラクター決定 なキャむらくん
生徒さんによる原画
今後の「なキャむらくん」の活躍にご期待ください!

入賞作品

きよちゃん・なおちゃん・めいちゃん

審査員からのコメント

「清く・直く・明るく」をモチーフにキャラクターづくりをした作品は他にはほぼ無かったので、とっても斬新でした。
キャラクターづくりに必要なバックヤード(キャラクターの性格やストーリー性など)もしっかりと設定されていて、秀作です。実はこの作品が最優秀との声もありすごく迷いましたが、強いて言うとキャラクターは校内のみにとどまらず、学校の外にも公開されていきます。そのときに教育目標を知らない人が見たときに少しわかりづらいといったところと、立体として考えた場合、文字をモチーフにしているので角度が変わると読めなくなってしまうといったところがありました。それを差し引いても良くできたキャラクターだと思います。

ガーデニちゃん

審査員からのコメント

他にはない深さがあるキャラクターだと思います。
3つの庭と、風・桜・大地をイメージし、大きさや位置関係まで考慮されていて、中学3年生が考えるレベルを大きく超えている深さを感じました。故に誰にでも受け入れやすいキャラクターではなく、ささる場所には深く刺さるといったキャラクターのポジションだと思います。これは凄いことで、ステージが今回のステージでなければ、もっと深い広告戦略をたてて使っていきたいキャラクターだったと思います。そういった意味で凄く完成度の高いキャラクターだと思います。
この感性をこれからも大切にしていってください。

フェニクソン

審査員からのコメント

キャラクターとして、とても完成度が高いと思います。
単純にフォルムや表情をとってみてもカワイイと思える作品です。これはキャラクター制作においてとても大事なことなのですが、そこを高いレベルでクリアーするのはプロでも結構大変なんです。しかし「フェニクソン」は原画の段階でそこをクリアしていると思われます。
高いレベルの話をすると、キャラクターをつくる場合は色々なことを想定し、その全てに対応できるようなことを考えます。例えば、凄く小さく使う場合、立体になったときの場合、アニメーションとして動かす場合などです。なので目や「N」が小さくなったときのことを想定すると、ほぼオリジナル要素がわからなくなってしまいますので、大きく入っていたらもっといいと思いました。秀作です。

なかむレーサー

とても良く考えられたキャラクターだと思います。たくさんの応募の中で「勉強」に注目し、文具をモチーフにしたキャラクターがデザインされていたのはこの1点だけでした。考え方もとてもしっかりとしていて、僕らが普段、仕事として考えなければならない必要事項がしっかりと考えられていると思います。例えば、説明文に書いてあった「中村」のキャラクターとしてわかるところ・・・これってすごく大切なことなんです。その他にもリボンや「N」マーク、王冠など、モノづくりの組み立て方はとても理にかなっていてすごくいいと思います。それはモノ造りの原点なんです。