ホーム入試情報

中村の入試方法

中村の入試方法

コンピテンシー入試・ポテンシャル入試

目標に向け背伸び・ジャンプができる生徒さんを募集します。
ひとつの山の頂きを目指していろんな登山道があるように、 コンピテンシー・ポテンシャルそれぞれの特色をもつ二つの入試方法の目指すところも同じ頂きです。 それは、未来への可能性を持ち、目標に対して背伸びやジャンプのできる生徒を見つけ出すこと。
ひとつの入試方法にとらわれず、人の持つ様々な能力に対し、コンピテンシーでは教科を通じて、 ポテンシャルではそれ以外の力で、みなさんの生き抜く力の芽を見せていただきたいと思っています。
どんな活動を通しても人の思考力は養われるもの、と私たちは考えています。 価値観の違う仲間がいて、異なる意見を持ち、長所も短所もあり、 それぞれの豊かな才能を開花させ、お互いを認め合い尊重し合える空間が中村中学校です。
ここでともに学び合いながら、思考力や社会に求められる力を育みたい。
そんな志に共鳴してくれる入学生を、本校は求めています。

コンピテンシー入試方法

コンピテンシー入試

コンピテンシーとは、「総合的変化対応能力」をあらわします。問題を解決するために、自分で情報を収集し総合していく力のことです。コンピテンシー入試では、国語・算数・理科・社会の基本的な知識の定着を土台として、さらに受験生の思考する力や考えるプロセスや表現力を見ることも視野に入れた入試となります。
出願手続書類
入学願書
試験科目
国語・算数(2科)または
国語・算数・理科・社会(4科)

コンピテンシー入試を体験して

平成28年度入学 Aさん親子の場合
〈 A さんより 〉

私は進学を考えるなかで、中村中学校と出会って、「この中学校に通いたい!ここの生徒になりたい!!」と自分の中に強い目標ができました。その瞬間、苦しくても、友だちと遊びたいと思っても、がんばって乗りきろうという気持ちになりました。中村は自分が成長するためにたくさんの経験と出会いをくれる場所だと感じました。私は算数がもっとも自信があり、問題を解くまでの過程を考えるのが好きです。入試では問題文を良く読み、何が問われているのかを理解してから答えまでの道のりを考えるようにしました。これからは自分がまだ出会ったことのないいろんな可能性に出会い、思いっきりチャレンジしていきたいと考えています。勉強はもちろん、行事や部活などにも積極的に、楽しみながら取り組んでいこうと思います。

〈 お母さまより 〉

「中村中学校が目指す新しい入試。記述式のテストもポテンシャル入試も、生徒一人ひとりの個性を大切にしたいと言う先生方の想いが伝わってくる制度で共感を受けました。娘は入試というひとつの試練を超えて、目に見えて成長したと感じています。がんばることができる自分を知り、以前より忍耐強くなったように思います。これからは、自ら考え、行動できる人になってほしいと思います。その規範となるベース、たとえば思いやりやモラルなどを中村で学んでほしいです」。

ポテンシャル入試方法

ポテンシャル入試

様々なポテンシャル(潜在能力・可能性)を持った仲間と出会い、刺激しあい、想像を超えた発見や挫折を経験し、ゼロから「1」を生み出す空間を創りたい、という想いから、芸術やスポーツ、英語をはじめ多方面の分野で努力をしてきた小学生、またトレーニングを受けた経験を持つ小学生を対象とした入試方法です。
出願手続書類
入学願書・志願書・活動報告書
試験科目
書類審査・作文・面接

ポテンシャル入試を体験して

平成28年度入学 Bさん親子の場合
〈 B さんより 〉

 ポテンシャル入試を受けるために、家族と向き合ってじっくりと、今まで私ががんばってきたことについて話をしました。小学校1年から習ってきた「チアダンス」。まずは今までどんな気持ちでどんなことに取り組んできたのか、そしてそれが達成できた時にどんな気持ちになったのかを、順を追って振り返りました。そして現在の中村中学に入学したい気持ちとともに、将来の夢に向かうために必要なことをみんなで調べながら、未来の、将来のプランニングを確認しました。小さい頃からやってきたことなので、試験当日は面接で堂々と自分のしてきたことを話せたと思います。実際にチアダンスを踊り、iPadなどでチアの大会の映像なども見ていただきました。面接官の皆さんもすごくうなずいて聞いてくれました。これからは中村でたくさんお友だちを作り、チアダンスと英語の勉強をがんばりたいと思っています。

〈 お母さまより 〉

 「中村中学の“全員レギュラー”という考えに共感しました。学びあい、お互いを高めあうために多様性を持つ生徒たちがひとつの空間で生活するということは素敵だなと感じました。娘には、当たり前のことが当たり前にできる人になってほしいと思っています。素敵な学生生活を送ってほしいと心から願っています」。