ホーム進路指導

合格体験記

合格体験記

中村から羽ばたいていった
先輩たち。

中村中高で学んだ先輩たちの合格体験記。受験に向けたアドバイス・心構えなど語っていただきました。

合格体験記

わたしの合格体験記 ~後輩に向けて~

自分に合う受験タイプ、生活スタイル、勉強方法を見つけ出すこと!!

国立志望だったので、科目数が多くて大変だったりセンターも必死でした。でも国立でも私立でも大切なことは基礎をしっかりやること。これは定期テストの勉強をきちんとやることが大切かなと思います。
5年までのテスト勉強を積み重ねれば、受験期がかなり楽になります。がむしゃらにやってみてください。
また塾に頼ればいいとか、自分で、学校でやればいいとか、正解は無いし、自分に合うか合わないかが一番大事なので、見極めを大切に。
私が受験生に一番必要だと思うことは、モチベーションを保つことです。これが一番必要で、大変なことです。
逆にどうしてこの学校に行きたいか、やりたいことは何か明確に把握しモチベを保てている人はE判でも逆転できると思います。
受験なんて気持ち次第ですから、判定にとらわれないこと。
そして、ぜひ、一緒に頑張れるライバルを見つけて下さい。
受験は孤独な勝負ではありません。良きライバル、良き友人、良き先生方を見つけたら思う存分頼ればいいと思います。
私は本当に周りの人々に支えられたことが受験を乗り越えられた理由だと思います。
最後に、自分に合う受験タイプ、生活スタイル、勉強方法を見つけ出すこと!!全力で皆さんを応援してます。

自分に本当に必要なものを見極めることも大切

私が受験において一番実感できたことは「本当に英語は大切だ」ということです。 英語を武器にできていたからこそ志望校に合格できたのだと思います。
私は現代文の得点に波があったので、国語の弱点を英語でカバーするしかないと思っていました。
なのでとにかく英語の完成を第一に考え、12月~2月の3ヶ月で、覚えれば確実に伸びる古文と日本史を死ぬ気でやりました。
そしてもう一つ実感したのは、ただ塾などで授業を聞くことよりも、自分で復習したり、暗記する時間を確実に確保することの重要さです。
当たり前のことかもしれませんが、予備校の授業に追われて、こういった時間をきちんと作れていない受験生は意外に多いと思います。
不安になってたくさん授業をとるのではなく、自分に本当に必要なものを見極めることも大切だと思います。
みなさん最後まであきらめずに頑張ってください!応援しています。

100人いれば100通りの受験生活があると思います

「夏休みの勉強で合否が決まる」というような言葉をよく耳にすると思います。
私もそれを聞いて夏休みは頑張りましたが、秋でたるんでしまいました。 それが私の受験での後悔です。
逆に良かったなと思ったのは志望校選択の幅がせまくなったけれど、
センターで現代文のみにしたことです。私は国語がとても苦手でしたが、 センターの問題は時間をかければ結構解けると思うので、
100人いれば100通りの受験生活があると思いますが、自分次第であることは共通しています。
最後まで投げ出さずに頑張って下さい!