2. 歴史・沿革
いつの時代も、中村に流れるのは、
明るくのびのびとした自由な校風です。
100年余りの時をかけて“中村らしさ”を 育み、受け継いできました。
中村スピリッツ
女子教育の先駆けとなった、中村学園。
中村学園は、明治36(1903)年、渋澤栄一と並ぶ明治屈指の実業家中村清蔵により、私立深川女子技芸学校として創立されました。初代校長に女子教育の第一人者戸野みちゑを迎え、小名木川のほとりに校舎を新築し、現在の中村学園の前身である中村高等女学校として開校したのが明治42(1909)年のこと。教育機関が乏しかった当時の女子教育を広めるきっかけとなった我校は、大正時代に“下町の華族学校、中村”の基礎が築かれ、やがて自由主義を謳歌する“明朗な学校”として発展していくことになります。
写真:創立者 中村清蔵 創立者
中村清蔵
写真:初代校長 戸野みちゑ 初代校長
戸野みちゑ
自由な校風 をもたらした二人の校長。
四代校長の中村三郎は、個性の完成・デモクラシー・思想の自由を教育方針に「清く、直く、明るく」を校訓とし、自由で伸びやかな校風を作りました。与謝野晶子への校歌作詞依頼や、北原白秋などの著名人を招いた講演会開催に取り組み、校外授業の積極的な推進や、校技としてバレーボールを導入するなど、自由闊達な教育を次々と実践していきます。さらに、五代校長小林珍雄は、師弟間の親愛の大切さを掲げ、校訓を具現化して「1.わがままをおさえる=Self-control/2.ひとに迷惑をかけない=Self-government/3.ひとに親切をつくす=Social Service」という「3つのS」を設定し、単に進学のための教育ではない、社会に奉仕する心の教育に力を注ぎ「知恵の学校」を希求しました。そして、これらは中村スピリッツとしてわたしたちの胸に刻まれ、現在も大切に受け継がれています。
写真:第4代校長 中村三郎 第4代校長
中村三郎
写真:第5代校長 小林珍雄 第5代校長
小林珍雄
沿革
1903年
(明治36年)
中村清蔵が「深川女子技芸学校」を設立。
1905年
(明治38年)
ポーツマス条約反対交番焼き討ち暴動のために校舎延焼。(一度目)  
1909年
(明治42年)

校舎を小名木川校舎のほとりに新築。
初代校長に戸野みちゑを迎え、中村高等女学校を創立。

1921年
(大正10年)
中村三郎が第四代校長に就任。  
1923年
(大正12年)
関東大震災により校舎焼失。(二度目)
東洋英和女学院の校舎を間借りして授業を再開。
 
1924年
(大正13年)
明治小学校に移って、授業を実施。  
1925年
(大正14年)
現在の清澄庭園前に再度校舎を新築。
1927年
(昭和2年)
中村高等女学校で初めて制服が制定される。
1928年
(昭和3年)
この頃、校歌が制定される。  
1929年
(昭和4年)
排球部(バレーボール部)が創部される。  
1934年
(昭和9年)
関東女学校体育連盟大会でバレーボール部が初優勝。
関東排球選手権大会でバレーボール部が優勝し、
1936(昭和11)年にかけて3連覇を達成。
 
1940年
(昭和15年)
バレーボール部が悲願の日本一を達成。
(全日本女子総合選手権大会優勝)
バレーボール部はこの後30年以上も黄金時代を維持する。
太平洋戦争を挟んで公式戦149連勝の快挙。
全国優勝は30回を数える。
1945年
(昭和20年)
東京大空襲によって三度目の校舎焼失。
明治第二国民学校(現明治小学校)を間借りして授業を再開。
 
1947年
(昭和22年)
新学制に伴い、中村中学校新設。  
1948年
(昭和23年)
新学制に伴い、中村高等学校と改称。小林珍雄が第五代校長に就任。
 
1949年
(昭和24年)
木造平屋建て新校舎落成。創立40周年。  
1959年
(昭和34年)
鉄筋3階建ての新校舎落成。創立50周年。  
1965年
(昭和40年)
「若い人」のブロンズ像建立。本校のシンボルとなる。
1967年
(昭和42年)
体育館落成。  
1969年
(昭和44年)
創立60周年。中村中学校の募集を休止。  
1975年
(昭和50年)
ボランティア部発足。手話の練習、募金活動、
障害者スポーツ大会の介助等に積極的に取り組む。
ほかの文化部・運動部も大活躍する。


1976年
(昭和51年)
フェニックスの壁画を掲げた新館が落成。
1979年
(昭和54年)
創立70周年。  
1980年
(昭和55年)
中村学園「小林珍雄奨学基金」設立。
ステンドグラスの玄関を持つクラブハウス落成。
1987年
(昭和62年)
ボランティア部が社会福祉活動奨励賞を受賞。
1989年
(平成元年)
創立80周年。「中村学園八十年史」刊行。  
1991年
(平成3年)
中村中学校を再開。
制服を現在の英国パブリック・スクール風ものに変更。
1999年
(平成11年)
創立90周年。地下1階地上7階の新校舎落成。

2000年
(平成12年)
高等学校普通科の中に国際コースを新設。
2002年
(平成13年)
キャリアデザイン授業が始まる。(30歳の自分を考える生徒誕生)  
2003年
(平成15年)
創業100周年。(深川女子技芸学校設立から数えて100周年)  
2004年
(平成16年)
新校章制定。 清澄公園に隣接した地にグラウンドを取得。
2005年
(平成17年)
第60回スキー教室実施。(志賀高原一ノ瀬)
国際コースを国際科に改組。
2006年
(平成18年)
完全中高一貫校宣言。  
2007年
(平成19年)
吹奏楽部 第10回定期演奏会開催。
新美術室落成。(ログハウス。愛称はpalette Garden)
2009年
(平成21年)
創立100周年。「中村学園百年誌~はくもくれんの花が咲いた~」刊行。