loading

ロゴマーク「伸びたい」を叶える6年間中村中学校・高等学校nakamura junior & senior girls' high school

入試情報admission

写真

帰国生・保護者の皆さま

帰国生受け入れに関する本校の考え方と帰国生入試について説明しています。

帰国生・保護者の皆さま

 中村中学校では帰国生の皆さまに対して「海外経験を自分の財産として、多様性を認め合う集団の中でそのチカラを発揮しようと努力できること」を求めています。  本校では帰国生入試をはじめとして、一般入試、特待生入試、適性検査型入試、ポテンシャル入試、帰国生入試、グローバル入試と6種類の入試を設けています。それぞれの入試で求めているチカラは異なります。しかし、本校は帰国生クラスや特待生クラスといった“特別な”クラスは設定しません。それは見方を変えれば“特別でない”クラスをつくることにもなるからです。
 中学3年間は、6種類の入試に合格して入学した生徒たちが1つのクラスに混在することで、多様性を認め合い、集団として切磋琢磨しながら自己肯定感を高めていくことが大切であると考えています。また、本校は「海外経験=英語力」とは考えておりません。従って、帰国生入試で高い英語力を求めることはありませんし、入学後の英語の授業においても、高い英語力を前提とした授業は展開しません。
 しかし、帰国生入試をお考えの皆さまが、海外経験に起因する学力的な期待や不安を持っていらっしゃることも承知しております。そこで、以下の対応を提供し、皆さまの期待に応え、不安を解消しております。一人ひとりの個性やバックグラウンドを尊重し、国内の教育や社会に適応できるサポートを心がけて参ります。

  1. 英語については、習熟度別授業を実施して、学力に応じた授業を展開します。
  2. 英語習熟度別授業の上位クラスにおいては、ネイティブの教員による授業を一層充実させ、帰国後の英語力のさらなる伸長を目指します。
  3. 高校国際科では、TOEFL対策の授業、表現力を磨き対話を重視したドラマ授業、海外大学進学に対応したSAT授業などを実施しています。また、必要と判断された場合には、進度別に科目ごとの取り出し授業を行っています。
  4. 「国語」については、放課後に国語補習を行います。状況によってはJSL(Japanese as a Second Language)対応が含まれます。日本語に対する不安解消と教育環境への適応を目指します。
  5. 数学については、習熟度別授業を実施して、学力に応じた授業を展開します。

 また帰国生の皆さまが受験可能な入試は以下の4種類です。自分のチカラを存分に発揮できる入試をご選択ください。

  1. 帰国生入試
     試験日:2018年11月29日(木)
     試験科目:国語・英語(英検3級レベル)から1科目選択/面接
     出願条件:(保護者の転勤に伴う)1年以上の海外経験及び帰国後原則2年以内
  2. グローバル入試
     試験日:2019年2月2日(土)
     試験科目:英語(作業・ゲームを通じて英検3級レベルの英語力を問います。)
  3. 一般入試
     試験日:2019年2月2日(土)
     試験科目:国語・算数から1科目選択
  4. ポテンシャル入試
     試験日:2月2日(土)、2月5日(火)
     試験科目:作文及び面接
     備考:小学校時代の活動・活躍を自分の言葉で表現できることを重視する入試です。

なお、転入学・編入学試験は随時実施しています。
 試験日:随時
 試験科目:国語・数学/面接

 ※中村高等学校では、2018年度について、帰国生の募集を行っておりません。

  • 中村中学校・高等学校の資料請求

    中村中学校・高等学校の「2019年度入学版 学校案内パンフレット」を無料で郵送いたします。
    ご希望の方は以下のボタンからお申し込みください。