中村学園のホームページトップへ

ロゴマーク
中村中学校・高等学校

  • ・ フェニックスの如く
  • ・ 中村で身に付く5つのチカラ
  • ・ ネクストステージプロジェクト

フェニックスの如く Since 1909
ロゴマーク

中村学園は明治42(1909)年に中村高等女学校として誕生しました。
その後関東大震災、東京大空襲などにより校舎を三度消失しながらも、まさに不死鳥の如く復活を遂げ、時代のニーズを捉えた変革を続けながら教育の理想を追求してきました。
その想いを中村の新しいシンボルキャラクター「フェニックス」に込めました。 様々な花や動物たちが集まって不死鳥を形づくることで、たくさんの個性がのびのびと育ち、未来へ飛翔する様子を表現しています。
これからも中村学園は時代を切り開く人間の育成をめざして力強く羽ばたいていきます。

詳細を見る

中村で身に付く5つのチカラ

  • ・ 地球規模で考え、足下から行動を起こすチカラ
  • ・ 人と上手な関係を構築するチカラ
  • ・ 思考・判断し文字化するチカラ
  • ・ 考えて行動するチカラ
  • ・ 自らサイクルを 回し続けるチカラ

Scroll to Right >>>

1/5 地球規模で考え、
足下から行動を起こすチカラ
〜Think Globally, Act Locally〜

中学での国内サマースクールや海外サマースクール、或いは高校国際科の1年留学などを通じて「Global」な視座を養います。一方で、深川めぐりや自然体験、京都・奈良・広島への中学修学旅行、沖縄への高校修学旅行などを通じて日本の文化や歴史について学びます。さらに広島や沖縄を訪れるに当たって戦争について学び、平和について考える機会を設けます。こうして「Local」な視点も身につけ、「視覚の幅」を広げていきます。

2/5 人と上手な関係を構築するチカラ 〜Coordinative Leadership〜

中学では定期的なグループワークを通じて、協調性を身につけたり多面的なものの見方を訓練したりします。また体育祭や文化祭といった学校行事や部活動は、訓練した協調性や多面的なものの見方をより磨くのに最適な機会となっています。さらには、女子校という空間そのものがリーダーシップやフォロワーシップを醸成する空間とも言えます。トップダウン型の皇帝型リーダーシップではなく、他のメンバーと協調しながら進めていく調整型リーダーシップを身につける機会が多数存在し、社会に出てからも必要な「交友の幅」を広げていきます。

3/5 思考・判断し文字化するチカラ 〜Creative Output〜

選択肢を選べばよかった時代から、正解のない問いに満ちた時代へとこれから変わっていく中で、私たちは自らの考えや思いを相手に伝えられなければなりません。本校はクリティカル・シンキングの授業を取り入れ、批判的思考力を養い、物事を多面的に捉えられるよう、「思考の幅」を広げていきます。一方で、とにかくことあるごとに作文、レポート、感想文などの文章を書く機会、iPadを使ってプレゼンテーションする機会を多く設定しており、「表現の幅」を広げていきます。

4/5 考えて行動するチカラ 〜Self-government〜

考えたこと、思ったことを行動に移す行動力を育成します。その根底には自己管理できることも必要なところから、本校ではスコラ・スコラライトを使用して、自分の行動予定や結果、学習記録を手帳に書くという習慣を身につけます。また、多くの行事で主体性が尊重されており、生徒の活動を後押しする風土ができあがっています。こうして「行動の幅」を広げていきます。

5/5 自らサイクルを
回し続けるチカラ
〜Spiral Up〜

例えばP→D→C→Aサイクル、A→A→Rサイクルなど、何事もやりっぱなしにしないためのサイクルが世の中には多く存在します。また探究学習においても、問いを立てる→情報を集め整理する→まとめる→発表する→評価する→さらに問いを立てる・・・・といったサイクルが必要です。本校はこういったサイクルを回し続けられる人材を育てるべく、サイクルを回す訓練をしていきます。そのためにメタ認知能力を磨き、「評価の幅」を広げていきます。

ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

次のステージへあがる新たな取り組み

  • キャリア探究スタート(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    キャリア探究スタート(2020)

    高校1年より「総合的な探究の時間」でキャリア探究スタート。探究のサイクルを回し続けられる練習をしていきます。

  • PBL学習スタート(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    PBL学習スタート(2020)

    企業とコラボレーションして、PBL(Project Based Learning)=課題解決型学習に取り組みます。

  • 放課後学習の充実(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    放課後学習の充実(2020)

    これまでも放課後補習は行われていました。さらに拡充すべく職員室の隣で自習し、いつでも質問できるような環境を作っていきます。

  • クリティカル・シンキングの拡大(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    クリティカル・シンキングの拡大(2020)

    1・2年生対象だったクリティカル・シンキングの授業を3年生にも拡大し、より批判的思考力を養います。

  • 施設の修繕(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    施設の修繕(2020)

    建設して20年経った本校舎の一部を修繕します。エアコンの付け替え、トイレの改修、さくらの庭(校庭)の人工芝化などを進め、より快適な学校生活をサポートします。

  • Kインターナショナルスクールとコラボ(2020)

    ネクストステージプロジェクト 〜To the next stage while empathizing with transformation.〜

    Kインターナショナルスクールとコラボ(2020)

    夏より2年間本校施設の一部を使用するK.インターナショナルスクールとソフト面でも交流を図ります。

    ※コロナウイルス感染症流行の影響により、Kインターナショナルスクールの本校施設使用開始時期が延期となりました。