loading

ロゴマーク 中村中学校・高等学校 nakamura junior & senior girls' high school

since1909 フェニッックスの如く

中村学園は明治42(1909)年に中村高等女学校として誕生しました。
その後関東大震災、東京大空襲などにより校舎を三度消失しながらも、まさに不死鳥の如く復活を遂げ、時代のニーズを捉えた変革を続けながら教育の理想を追求してきました。
その想いを中村の新しいシンボルキャラクター「フェニックス」に込めました。
様々な花や動物たちが集まって不死鳥を形づくることで、たくさんの個性がのびのびと育ち、未来へ飛翔する様子を表現しています。
これからも中村学園は時代を切り開く人間の育成をめざして力強く羽ばたいていきます。

現在の中村中学校・高等学校

いつの時代も中村に流れるのは、明るくのびのびとした自由な校風です。
100年余りの時をかけて”中村らしさ”を育み、受け継いできました。

主な沿革

1903年[明治36年]
中村清蔵が「深川女子技芸学校」を設立
1905年[明治38年]
ポーツマス条約反対交番焼き打ち暴動のために校舎延焼(一度目)
1909年[明治42年]
校舎を新築し「中村高等女学校」を設立
初代校長に戸野みちゑ就任
1923年[大正12年]
関東大震災により校舎焼失(二度目)
1927年[昭和 2年]
中村高等女学校で初めて制服が制定される
1928年[昭和 3年]
この頃、校歌が制定される
1940年[昭和15年]
バレーボール部が悲願の日本一を達成
1945年[昭和20年]
東京大空襲によっての校舎焼失(三度目)
1947年[昭和22年]
新学制に伴い、中村中学校新設
1976年[昭和51年]
フェニックスの壁画を掲げた新館が落成
1999年[平成11年]
創立90周年。地下1階地上7階の新校舎落成
2000年[平成12年]
高等学校普通科の中に国際コースを新設
2005年[平成17年]
国際コースを高等学校 国際科に改組
2009年[平成21年]
創立100周年。新制服導入
2012年[平成24年]
新館LADY落成